宕陰(とういん)地域は,京都愛宕山麓の西北にある,里山に囲まれた昔ながらの原風景が残る地域です。
樒原(しきみがはら)と越畑(こしはた)の二つの集落からなる宕陰は,平安時代からの古い歴史を持ち,にほんの里100選にも選ばれた美しい棚田や茅葺き民家など,昔ながらの懐かしい風景が広がります。
山里の中で四季や自然のやすらぎを五感で感じる生活をしてみませんか?

宕陰って どんなとこ?

宕陰学区は,樒原と越畑の両区からなる面積8.238k㎡の小さな学区です。  古い歴史を持ち,人情味あふれる心豊かな地域です。  愛宕山に寄り添うように集落が軒を連ねる山里は,古代から都人との関わりが強く,9世紀から人々が住みつき山里の暮らしを営んできました。  今はまた,美しい棚田や昔懐かしい里の風景が脚光を浴びています。  車で嵯峨鳥居本から保津峡経由で約30分,京都縦貫自動車道「千代川インター」から約30分の地域です。

マップ

ichizuc

自然環境&歴史へ
生活情報へ
QRコード
〒616-8475
京都市右京区嵯峨樒原宮ノ上町2番地5
右京区役所宕陰出張所内
宕陰活性化実行委員会
TEL:0771-44-0314  FAX:0771-44-0306
マーク
Copyright© 2019 五感のくらし 宕陰 ~越畑・樒原 京都市右京区の山間地域~ All Rights Reserved.